二重全切開法と部分切開法はどっちがいいの?違いはある?


二重整形手術の切開法には、全切開法と部分切開法の2つがあります。
この記事では全切開法と部分切開はどのように違うのか、どちらがいいのかについて詳しく説明していきます。切開法を受けたいけど、どっちを選ぶか悩んでいるという方は参考にしてみてください♪

二重切開法と部分切開(ミニ切開)法はどっちがいいの?

二重切開法と部分切開法、どちらがいいのでしょうか。

多くの医者が推奨している方法は全切開法です。全切開法の方が良いとされる根拠となる理由を集めてみました。

部分切開法は切る範囲を短くしたもの。切っていない部分との食い込みの差が目立つから、不自然になってしまうことが多いです。

水の森美容外科-よくある質問-

小切開法で二重まぶたを形成すると、傷が一部にしかないため返って目立ってしまいます。内部処理が中途半端になってしまい、凹みが強くなってしまうのです。

ヴェリテクリニック-Dr.Lee-

全切開法の傷跡はしわと同化しますが、部分切開法で作った傷跡は不自然に見えてしまいます。仕上がりを重視するなら全切開法がおすすめです。

二重全切開法と部分切開法の違いは?

二重全切開法と部分切開法の違いについてみていきましょう。

全切開法 部分切開法
料金 約20万円~ 約15万円~
ダウンタイム 長い やや長い
切開線 約2.5cm以上 約1cm または 3mm3箇所
デザインの自由度
脂肪切除

まずは切開する長さです。全切開法の場合は、まぶたの目頭側から目尻側まで全て切開します。対して部分切開法はまぶたの一部分を切開します。部分切開は1箇所を約1センチ切開することが多いのですが、3箇所を3ミリ切開するクリニックもあります。

次は脂肪除去の違いについて説明します。埋没法はまぶたを切り開かないため脂肪を除去することができませんが、二重切開法の場合は眼窩内脂肪とROOFを同時に切除することが可能です。分厚い一重まぶたの人が脂肪を除去すると、すっきりとした目元になります。しかし、部分切開の場合は切開範囲が狭いためしっかりと脂肪を切除することができません。一部だけ脂肪を取り除いてしまうと、不自然な凹みが生まれてしまいます。厚いまぶたの方は全切開でしっかりと脂肪を取った方が良いでしょう。

二重全切開法と部分切開法は、ダウンタイムの長さがわずかに異なります。二重切開をすると、抜糸までの約1週間はまぶたに糸がついた状態になります。抜糸までの期間は基本的に同じなのですが、その後腫れが引きが早いのは部分切開法だと言われています。切る範囲が短い分、腫れが少ないのです。

また、平行型の二重や、幅の広い二重まぶたを作る場合は全切開法が向いています。部分切開法は一部しか切らないため、デザインの幅が狭まります。デザイン性が優れているのは全切開法といえます。

価格は部分切開法の方が安い傾向にあります。高須クリニックなどの一部のクリニックは、全切開と部分切開どちらも同じ金額設定となっていますが、多くのクリニックでは部分切開は全切開よりも5~10万円ほど安く設定されています。切開法を安く受けたい場合は、部分切開を検討してみてはいかがでしょうか。

全切開法とミニ切開法に向いている人の特徴は?

二重全切開法に向いている人の特徴

アイプチを使っても二重の維持が難しいような、厚い一重まぶたの人は全切開法が向いています。全切開法は同時に脂肪切除をすることができるので、すっきりとした二重まぶたにすることができます。

また、佐々木希さんのような平行型の幅広二重まぶたにしたい人も向いています。平行型にしたい場合は、同時に目頭切開をすると綺麗に仕上がります。

部分切開法・ミニ切開法・小切開法に向いている人の特徴

厚くない一重まぶた・奥二重の人は部分切開法の適用が可能です。自身で厚さが判断できない場合は、無料カウンセリングで医師に質問してみましょう。

また、広瀬すずさんや石原さとみさんのようなナチュラルな末広型二重を希望している場合は、部分切開法で十分形成可能です。

全切開法とミニ切開法はどっちがいいの?違いは?まとめ

全切開法とミニ切開法で、医師が推奨しているのは全切開法だということを説明しましたが、ダウンタイムを少しでも短くしたい・少しでも安く済ませたいという方はミニ切開法(部分切開法)が向いています。仕上がりは全切開の方が自然なので、仕上がりを重視したい方には全切開がおすすめです。

切開線の長さやダウンタイム、デザインの自由度、脂肪切除、料金などの違いがありますが、大差はないと言われています。

ネットの二重切開体験談や口コミを見ると、”部分切開法を受けたが全切開法を受ければよかった”と後悔している人が多いので、管理人は思い切って全切開した方がいいのではないかと思っています。部分切開法に賛成できず対応していない医師もいます。

全切開法と部分切開法をよく比較して、自分に合った方法で手術を受けましょう!

二重切開経験者の管理人が、二重切開法のおすすめ病院ランキングを作成しました!それぞれのクリニックの特徴や価格、口コミを比較したので、病院選びをしている方は要チェックです♪