韓国で受けた整形手術の抜糸が可能な日本のクリニックを紹介

韓国で受けた美容整形の抜糸は、手術したクリニックで行ってもらうのが一番です。

しかし、何らかの理由で日本で抜糸せざるを得ない人は多いです。

抜糸が可能な病院がなかなか見つからないという声が目立つので、今回は抜糸だけの来院でも可能な病院をネットの口コミや問い合わせで調査しました。日本で抜糸をしたいという方は参考にしてください。

韓国で受けた美容整形の抜糸だけが可能な病院と料金

韓国で受けた美容整形の抜糸が可能な日本のクリニックをいくつか挙げますが、2017年11月11日現在の情報なので、既に受付終了しているクリニックがある可能性があります。必ず自身で確認するようにしてください。

また、掲載がご迷惑だった場合は直ちに削除しますので、誠にお手数ですが当サイト管理人までご連絡下さい。

sueクリニック銀座

ネットでは「もう受付けていない」という噂がありますが、2017年11月8日に問い合わせたところ、受け付けているとのことでした。

バウムなどの韓国の美容外科と提携しているクリニックの場合の料金は以下のようになっています。提携外の料金に関しましては、直接お問合せ下さい。

初診料3,000円

目周囲\8,000円

こちらに税金が入り、11,880円

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニックは事前に予約と振り込みが必要です。

料金は、一箇所5,000円です。

聖心美容外科

聖心美容外科は30,000円で抜糸を受け付けています。

高額ですが、近くに美容外科がない場合は店舗の多い聖心美容外科で抜糸してもいいかもしれません。

韓国で受けた美容整形の抜糸が可能な病院(料金不明)

料金は不明ですが、以下のクリニックは他院の抜糸を受け入れています。

  • あきこクリニック
  • 名古屋美容外科

韓国で受けた美容整形の抜糸ができない病院

美容外科でも、他院の抜糸を断るところは多い傾向にあります。

問い合わせた結果、抜糸が不可能だったクリニックも紹介します。

  • 高須クリニック
  • 品川美容外科
  • 二子玉川美容外科クリニック

美容整形の抜糸は何科?形成外科は料金が安い?

多くの美容外科は他院の抜糸のみの場合、30,000円などの高額な料金を請求してきます。

日本の美容外科医は、日本人が韓国で整形手術を受けることをあまり良く思っていないので、仕方がありません。

形成外科にお願いした場合はなんと、1000円以下で抜糸手術を受けることができるようです。保険は適用されませんが、それでも安いです。

しかし、美容手術に慣れていない外科医は完璧に抜糸できないケースが多いです。ネットには、糸が数本残っていた・強く押されすぎて元に戻ったという声がありました。

また、抜糸を受け付けていない形成外科がほとんどであるため、地域の形成外科に片っ端から連絡しなければなりません。勇気がいりますし、時間が掛かります。

整形に嫌悪感を抱く医師には軽くあしらわれるので、結構落ち込んでしまうかもしれません。

形成外科に問い合わせたところ、このような返答でした。

冷たい…。

経緯や概要を説明しても、返事はこれだけだったり。

電話でも、しばらく待たされ、結局断られるケースが多いです。

値段重視な方は形成外科を探し、高くてもいいから抜糸してくれる病院をすぐに見つけたい人は今回紹介した美容外科や、その他のクリニックを選ぶと良いと思います。

日帰りで韓国に行き抜糸した方が安いし安全?

ダウンタイム期間を韓国で過ごさずに一時的に日本に帰り、その後抜糸のために日帰り渡韓する人もいるようです。

施術した医師が一番構造を理解していますし、無料で抜糸をしてもらうことができるので、可能であれば韓国で抜糸するのが良いでしょう。

美容外科に3万円を払うなら、交通費の方が安く済みます。

韓国で行った美容整形を日本の病院で抜糸まとめ

抜糸が可能な病院の紹介や、形成外科での抜糸、日帰り渡韓などについて説明してきました。

やはり施術した医師に抜糸してもらうのが一番ですが、諸事情により韓国に行くことができない方は、日本のクリニックで抜糸しましょう。