韓国の人気美容外科はどこ?|韓国で整形するメリットとデメリット


整形大国と呼ばれる韓国の美容外科クリニックが日本でも人気なことをご存知ですか?

この記事では既に有名になっているクリニックから、日本ではまだあまり知られていないクリニックまで紹介します。また、後半では韓国で整形するメリットとデメリットについて説明するので、韓国での整形を検討している人はチェックしてみてください♡

日本人に人気な韓国の美容外科クリニック

ID美容外科(아이디성형외과병원)

所在地:ソウル市江 南区 新沙洞 574-2
電話番号:02-547-0050
日本語対応:あり
料金例:セブンロック埋没法150万ウォン/スキニー切開二重術250万ウォン/ばれない鼻整形400万ウォン

韓国整形番組「Let 美人」でおなじみのID病院です。日本人向けのマーケティングを拡大しているため、日本人でも施術を受けやすい環境が整っています。ただし、料金設定が日本人向けとなっているため、韓国の美容外科にしては高額料金です。

ジュエリー美容外科(쥬얼리성형외과의원)

所在地:ソウル市江南区論峴洞3-2番地 チョンホビルディング5~10階
電話番号:02-541-2711
日本語対応:あり
料金例:ソルラ埋没法132万ウォン/切開法165万ウォン/基本鼻308万ウォン

最近はジュエリー美容外科で二重整形をする日本人が多いようです。整形はクリニックによって仕上がりが大きく異なるのですが、ジュエリー美容外科ははっきり・くっきりとした仕上がりなため、変化を求める方に向いていると言えます。

韓国人に人気のクリニック一挙紹介!

ラミチェ整形外科

ラミチェは鼻の整形を得意としている美容外科です。口コミによると料金設定は曖昧で、交渉によって変動があるようです。日本人と韓国の美容外科を仲介しているクリニックを利用しないで直接値段交渉するのがおすすめです。

バウム整形外科

新沙駅1番出口から徒歩3分のビルに入っている美容外科です。バウムは外国人料金がなく、比較的お手頃価格で施術を受けられると言われています。また、日本人通訳者がいるため、安心してカウンセリングと施術を受けることができます。

EVERM(エバーエム)

エバーエムは両顎・輪郭専門病院です。専門病院なだけあって、輪郭手術が上手いと評判です。エバーエムで輪郭手術を受けた方の口コミによると、韓国ではそこまで有名ではないけれども、先生が優しくて安心できた。結果は満足。とのことです。

韓国で整形をするメリット

整形手術の料金が日本よりも安い

韓国で整形するメリットは何といっても料金が日本よりも安いということです。外国人向け料金の設定がないクリニックを選べば、日本の整形手術相場の半額以下で整形することができます。

オルチャンに近づける

整形は美的センスが重要なポイントとなります。日本の整形症例よりも、韓国の症例の方が好みだという人は少なくないはず。オルチャンフェイスが好きな人は、韓国で整形すれば理想を追求することができるでしょう。

韓国で整形をするデメリット

外国人料金を設定している美容外科が多い

韓国の整形相場は日本や中国よりも遥かに安いと言われています。そのため、クリニックにやってくる外国人客には実際の料金の2倍以上の、割高な料金を提示してきます。

トラブルがあった場合のアフターフォローがない

整形料金が日本よりも安い理由は、保証がないからです。アフターフォローというものが韓国にはありません。また、裁判を起こした場合も日本人は韓国側には勝てないケースが圧倒的に多いです。理由は、仲介業者や通訳者はクリニック側に雇われているためクリニック側につくからです。

宿泊費と航空券代が掛かる

韓国で整形すると、整形代に加えて宿泊費と渡航代がかかってしまいます。整形するとダウンタイムや抜糸までの期間はホテルに滞在する必要があり、整形費用が膨れ上がってしまいます。

韓国の人気美容外科まとめ

韓国の整形手術料金は日本と比べると安いですが、デメリットを踏まえると日本で整形した方が良いように思えます。

最近、韓国で施術を受けたという整形経過ブログが多く更新されていますが、あれはクリニック側にモニターとして雇われ、書かされているものがほとんどです。無料で整形させる代わりに、ブログで宣伝してもらう契約を結んでいるのです。

また、日本の美容外科は韓国よりも変化がない!韓国の症例の方が変化があってすごい!と思っている人がいるかもしれませんが、それは社会の整形に対する意識による違いによるものです。

整形に対する風当たりが強い日本では、他人に気づかれないように整形する傾向があります。対する韓国は整形に寛容な国なので、バレることを気にせず大幅に顔を変えます。つまり、日本でも大幅に変化させようと思えば変化させられるのです。

日本語で細かいニュアンスを伝えることができる日本で整形する方が良いと、個人的には思います。